石垣島周辺でのダイビングの種類

石垣島周辺(ここではプライム・スクーバ石垣がカバーしているダイビングエリア)でのダイビングとはどのようなものなのかをご説明します。

 


 

ダイビングの種類は大きく分けて3タイプ

 

【1】マクロダイブ・・・主に小さな生物を探すダイビング。ダイブサイト数:約20箇所。

 


【2】地形ダイブ・・・スイムスルー(トンネル状のリーフ)、アーチ(光の入る洞窟状のリーフ)、キャニオン(渓谷状のリーフ)やコーラルリーフ(サンゴ礁)を主に楽しむダイビング。ダイブサイト数:約10箇所。

 


【3】 マンタダイブ・・・マンタポイントにてマンタを見るためのダイビング。ダイブサイト数:約5箇所。

 

半数以上のダイブサイトがマクロ生物をメインとしたダイビングサイトとなります。大物・魚群といったワイド系を好まれる方には少し物足りないかもしれませんが、マクロダイブでも、ウミカメなど場所によっては中型の生き物たちにも出会えるところもあります。冬から春にかけてのコブシメの交接・産卵シーズンには高確率で出会えるポイントも人気です。

 

例外的に2箇所ほど潮汐・シーズンが合えばイソマグロやバラクーダなどを狙えるポイントもあるのでご希望の際はお問合せ・リクエストされてみてください。

 


 

ダイビングエリア

 

当店の使用する船は全長60フィート(約18m)と石垣島最大級のクルーザーですので石垣島のみならず各離島方面も広範囲にカバーしています。そのエリア内の主なダイブポイントは約35カ所ほど。その日の風向きやお客様のリクエストやレベルに合わせて3カ所のダイブサイトを選びます。

 


石垣島:西、北西、南エリア
竹富島:南、北東エリア
黒島:北西エリア
西表島:北東エリア
パナリ(新城島)、嘉弥真島、小浜島エリア
※波照間島へは年に数回スペシャルトリップとして行くことがあります。

 


 

ダイビングスタイル

基本的にボートをアンカーにて停泊させてから行うボートダイビングです。

 

ドリフトダイビングは1箇所を除き行いません。石垣島周辺ダイビングは平均水深は12〜14m程度と比較的浅く、流れも緩やかなことが多く初心者の方も潜りやすいダイブポイントが多いのが特徴です。